2013-10-09

メッシュでマイクロプリムを作る(1)

blenderをいじっている中でメッシュでマイクロプリム(大きさ0.01m以下のプリム)を作る必要があったのでその方法を2回に分け備忘録として残します
(使用しているblender → 2.67b)





今回は、「スカルプでマイクロプリムを作る時と同じく、オブジェクトにダミーのバウンディングボックスを追加すればいいのだろうという考えに基づき以下の方法を試してみたが・・・」、という話です

結果として、メッシュでマイクロプリムを作ることには成功しました

成功しました、が・・・・・・





■オブジェクトにダミーのバウンディングボックスを追加する過程


1)例として「test」という名前のオブジェクトを用意しました


・ちなみにこのままアップロードしてサイズを最小にしても、SL限界値0.01mに高さが引っかかってこんな具合になってしまいますね(素プリムのサイズは0.01m)
真上から見たところ
側面から見たところ
2)バウンディングボックスを見てみると平べったいのがわかります


3)ダミーのバウンディングボックスとなる立方体(cube)を追加したいので3Dカーソルをオブジェクトの中心に持ってきておくと便利です

・編集モードでピポットポイントをバウンディングボックスの中心にする


・カーソル→選択物にスナップし、3Dカーソルをオブジェクトの中心に持ってくる[Shift+S]


4)オブジェクトモードで立方体(cube)を追加します
 ポイント:オブジェクトモードではなく編集モードでCubeを追加してもダミーのバウンディングボックスは作れないので注意


5)立方体(cube)の大きさを調整します

・立方体(cube)を縮小する[S]


・ビューをワイヤーフレームにしてオブジェクトとの位置関係を確認


・正面[1]や真上[7]から見て大きさを調節
 

6)立方体(Cube)を加工してダミーのバウンディングボックスを作ります

・骨組みを残して面だけを削除[Delete]


・オブジェクトモードで「Cube」を選択してからShiftで「test」を選択


・「test」として1つに結合する[Ctrl+J]


7)バウンディングボックスを見てみるとはじめに比べ大きくなったのがわかります


これで終了 SLにアップロードします





■アップロードしてみると・・・


blender上での形状が再現でき、ひとまずマイクロプリムを作れたとは言えそうです
アップロード時点の大きさ
限界まで縮めたときの大きさ
しかし、立方体になるだろうと予測したバウンディングボックスは3辺のサイズがまちまちです


さらに、ずいぶん離れたところに中心があることもわかります


マイクロプリムを作ることができたとはいえ、中心が合ってないのはちょっと不便
なにより非常に気持ち悪い。。

6)でダミーのバウンディングボックスの6面を削除せず1面でも残せば、
SLでもバウンディングボックスも立方体になり中心もズレたりしません

けれどSLでその残した1面が現れてしまい、わざわざその面を透明にしなければいけないので何だかスマートじゃない。。




というわけで、メッシュのマイクロプリムの中心を合わせる方法を調べました

次回はその方法について書きます






0 コメント:

コメントを投稿

TOP